大いなる流れ

私がハゲを実感するときは、もっぱら銭湯や温泉である。
湯上がりのあの髪のボリュームが極限まで減らされた状態で、タオルで髪をかきあげるように拭き、鏡に正対した瞬間、必ずと言っていいほど絶望するのだ。

それはもう見事なMッパゲで、かのベ○ータも頷くレベルであると思う。
もともと額は広かったが20代半ばを過ぎた頃、生え際の産毛が消えていた。

思えばこの頃から既に覚悟はしていたと思う。

嗚呼、私も祖父のように額から削られ、サイドに回りこまれ、センタリングをあげられ、ゴールを決められてしまうのだろう、と。

だが、私は絶望はしてもこれに逆らおうとは思わなかった。
ハゲとは男の行き着く自然な姿だと思ってるからだ。

育毛剤に高い金をかけて抗うなど、男のやることではない。
ハゲたがっている体にすべて委ね、高笑いしながら生きるのが正解なのだ。

友人の一人にこの流れに抗う愚か者がいる。

かれこれ10数年は戦い続けているその男は、ハゲ界のベテランソルジャーともいえよう。
一時『産毛がちょっと生えた』などとのたまい、勝ったような顔をしていた彼の産毛がどうなったかは語るまでもあるまい。

大いなる自然の流れに逆らうということは、そういうことなのだ。

やっと違和感なくなったよ

私が物心ついたときから、父はカツラを乗っけていた。
肉体労働系だったので仕事中は自然な状態だったが、帰宅後パチンコに行く時にさえ必ずカツラ着用だった。

遊んでほしい私はカツラを隠したりした。
30代初めからハゲ始めた父だが、その前は髪が立つくらいにボーボーだったらしい。
胸毛もボーボー、すね毛もボーボー、頭だけがツルツル状態…。

どうして必要なところになくて、いらないところに生えるんだ!
と、母が嘆いていた。

75歳を超えた頃、突然カツラを辞めた父。
初めての毎日ハゲ父ちゃん。

最初は見るたびにおかしかったけど、見慣れるとそれはそれでまあ、ありかな?と思えるようになった。
ざわついたのは近所の人々。
一瞬?!という顔をするが、その後は触れてはいけないようにスル―。

後で父がいないところで「カツラだったの?」とひっそりと聞いてくる。
やっぱりデリケートな問題なんだな。

ハゲてても、だれに迷惑をかけるわけではないのに、なぜか後ろめたい感じがしてしまうのはなぜだろう。
「ハゲなんて気にしなくていいよ!」と思いつつ、旦那がハゲだったらやっぱりイヤ…かなぁ。

ハゲに対する持論

主人は、まだハゲてはいませんが薄毛です。
主人のお父さんもハゲているので、たぶん行く行くはハゲると思います。
(さらに…)

旦那の髪の毛が…

私の旦那さんは今年28歳になったのですが、髪の生え際が少し後退して来ているように感じます。ただ本人はまだ20代と言う事で、全く頭皮について気にかける様子も無く特にケアをしていません。
(さらに…)

産後の生え換わり

出産後4,5カ月しばらくすると抜け毛が増え始めました。

友人知人から産後はものすごく髪の毛が抜ける、ひどいよ、とは聞いていたので「あ、これか」と最初は思いましたが想像以上の抜け具合で毎日お風呂に入り髪の毛を洗うのに洗うたびに何本も手に絡みつく髪の毛。
(さらに…)

全部剃ってしまえ

私は20歳の頃より登頂部が薄く成り始めました。
朝起きると枕元に髪の毛が落ちる様になり洗面所でも明らかに自分の髪の毛と思われる毛が目立つように成りました。
(さらに…)

永遠の謎?

僕は、どちらの祖父にも会ったことはありません。
父方も母方も、僕が生まれる前に他界しました。
しかし、子供の頃から特に気に留めることなく現在まで生活してきました。
(さらに…)

産後の抜け毛

21歳で出産。でもまさかこの若さで抜け毛に悩むなんて思ってもみませんでした。
(さらに…)

母の脱毛の原因

私の母は、かれこれもう4年脱毛に悩んでいます。
それまではごく普通の平凡で穏やかな生活を送っており、まさか髪の毛が抜け落ちるなどとは思ってもいませんでした。
(さらに…)

頭頂部の薄毛化が始まりました

すでに2人とも他界していますが、頭髪に関して私の両親は対照的でした。
父の頭髪は太くて量も豊富、70代で亡くなるまで、一度も薄毛やハゲを経験したことがありません。
(さらに…)